• 7/29京都SOHO倶楽部メルマガ

    「18歳から選挙権が・・・」

     

    「成年」「未成年」のハザマは、20歳?  18歳?

     

    今国会にて与党・野党全会一致で選挙法が改正され、18歳から選挙投票ができるようになった。何故全会一致でも、与党・野党それぞれ思惑がありそうなものだが、勉強不足で何故選挙法が改正されたのか解らない

     

    でも、18歳高校卒業して、社会人一年生、大学一回生の諸君は、選挙投票を棄権してはいけない。選挙法改正した意味がなくなる。その投票をし易くする壱手は、親元を離れた新成人は、住民票を移す義務を課すのもよいのではないかと思う。ついでに単身赴任をした転勤者も住民票を移させる。住民税も移るので、ある意味での「地方創生」の一助になるかもしれない

     

    民法では、未成年を20歳で括っているが、民法も変えるのかな?

    酒・たばこは20歳の括りがあるが、これも18歳に引下げれば良いと思う。現実問題、大学一回生の歓迎コンパ、新入祝賀会では、酒もたばこも平気、先生も親も、誰も咎めない、「非常識の常識」がまかり通っている。

     

    小生が一番、年齢の引下げの法改正して欲しいのは、少年法である。近年、少年(20歳未満)の凶悪事件が多すぎる。凶悪事件の加害少年は、法の元で守られ、被害者は反対に守られない世の中になっている。まさしく「非常識の常識」がまかり通っている。

    少年法年齢引下げに難色を示す「見識者」が多いと聞く。「見識者」の可愛い娘さんが「凶悪少年」に無残にも弄り殺されても「見識者」にいられるかどうか疑問である

    また、保護者・親の監督責任を法律で義務化、刑事、民事とも保護者に及ぶようにしてほしい

    「眼には、眼を 歯には歯を」を法の元で実現して欲しい

     

LINEで送る